2018年12月26日

2018最後のオープンday

今週は月曜日までオープンしたため
仕込みの時間は2日間。
仕込みたいジャムは何種かあったものの
届いた黒豆や生姜に着手しないと
大晦日まで働くことになりかねない💦

時間のかかる方優先でジャムは年明けにまとめて作ることにしました。

instagramのスクショから
黒豆の茹でてるところを。
いつもこのアクの躍動感にドキドキします(笑)

65BD2869-AEE8-4F09-8632-A52F44FFA0D1.png

重曹を茹でこぼして
蒸してシロップで煮て休ませ、翌日さらに加糖して瓶詰め脱気。

丹波黒豆独特の柔らかい煮豆です。
シロップに浸かった状態にして置けばツヤツヤふっくらです。

いつもは菓子に使うだけで
瓶詰めを発売はしていませんが
今年は気まぐれに販売してみようかな♪
おせち用ってことで5個だけ!
今年最後のオープンdayでだけ〜(笑)

丹波の黒豆を3日がかりで仕込んでます。
固形量150gで税込1,000円弱です。
うちのが食べたいという奇特な方がいらっしゃいましたら
営業時間中のお電話でのみお取り置き承ります。
12/27 12:00-18:00
12/28 10:00-16:00

BE9260C1-E8CB-4E80-8E97-5D5E85FC2958.jpg

生姜のシロップの準備も同時進行。
子供のグローブみたいな大きな塊で届く生姜を
まずパキパキ割って洗います。
この指?の間に土がたまってたりするんです。
そこをよく洗って、皮をこそげて
一度煮立った湯に入れて殺菌します。

41D08BEC-88B1-492E-ACAC-E1A6DC9E9309.jpg

それから薄切りして一度冷凍させてからやっと煮ていきます。
低糖で煮てから、翌日また加糖して仕上げ。

これもまた何日もかけて
下拵えと保存するための手間をかけていきます。
年内は冷凍まで!
これから寒くなるようですが、今まで暖かかったからね、出遅れました💦

いろんな作り方がありますが
あくまでこれはわたしの作り方。
毎年試行錯誤して品質、製造量、場所、効率を考えた結果です。
もっと効率よく短時間な方法もあると思いますが
それは自分でやって掴んでいきたいと思います。



いよいよ今年最後のオープンdays!
明日の菓子はりんごパイぐらいかも!
ダックワーズも間に合えば!
スコーン用の全粒粉を切らしてしまったので
明日届いたら焼きます。
届かなかったらごめんなさい🙇‍♀️

ジャムもあるだけですが、13種ぐらいはあったはず!
ぜひ年末年始のご挨拶にお使いいただければ
年賀状を書きながら💦お待ちしております。

















posted by naka at 19:56| 青森 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
*工房のオープン* 毎週 木/金/土 12:00〜18:00 イベント出店時などは臨時休業 八戸市柏崎1-19-1-1 tel&fax 0178-20-8383